乾燥肌に効果あり!バスロマン(スキンケアセラミド)

バスロマン2

今回はアース製薬のバスロマン(スキンケアセラミド)を使ってみました。

有名な会社の定番入浴剤なので、バスロマンを使ったことがある人は多いと思います。ただバスロマンは種類が豊富で、全部で20種類ほどあるので、一つ一つを使ったことがあるという人は中々いないでしょう。

なので、ここではバスロマンのスキンケアセラミドに焦点を当てて、レビューをしていきたいと思います。

 バスロマン(スキンケアセラミド)の特長

■セラミド配合

化粧品でもよく使われる保湿成分であるセラミドが、角質層に浸透して乾燥している肌に潤いを与えます。このセラミドは外部の刺激から肌を守り、水分の蒸発を防いでくれるバリア機能を持っています。またセラミドは肌から吸収するのが最も効率が良いとされているので、入浴剤との相性は抜群です。

■皮膚保護成分

グリチルリチン酸(皮膚保護成分)が、セラミドで回復した角質層を保護してくれるので、潤いが保てます。

■塩素除去成分配合

さら湯に含まれる塩素を除去する成分が入っているので、お肌のピリピリ感が減ります。

 効能と全成分

効能

荒れ性、あせも、しっしん、にきび、ひび、しもやけ、あかぎれ、冷え症、腰痛、神経痛、リウマチ、疲労回復、肩のこり、うちみ、くじき、痔、産前産後の冷え症

全成分

炭酸水素ナトリウム、乾燥硫酸ナトリウム、グリシン、グリチルリチン酸2K、ステアロイルフィトスフィンゴシン(セラミド)、POE(300)POP(55)、無水ケイ酸、酸化Ti、ベントナイト、香料、他2成分

バスロマン(スキンケアセラミド)を使用してみた感想

バスロマン1

ホワイトフローラルの香りと説明書きがあるのですが、青りんごの香りに近いと感じました。私はこの匂いが好きですね。

お湯の色が乳白色になるので、温泉気分が味わえるのが良いです。湯船に入っているとリラックスできる色だと思います。

バスロマン(スキンケアセラミド)の一番良いところは保湿効果の高さです。乾燥肌の私にはぴったりの入浴剤でした。お風呂上りにしっとりした潤いがあるので、入る前とはっきり違うのがわかります。

また、私はさら湯だと脚に粉がふくことがあって悩んでいたのですが、バスロマンを使ってからは症状が出なくなったので、スキンケアの効果は高いと思います。

残り湯は洗濯に使用できると明記されている通り、洗濯に使っても着色や臭いが気になることはありませんでした。

 乾燥肌の方にオススメ

美肌2

乾燥肌の私にはこのバスロマン(スキンケアセラミド)が手放せません。たくさんあるバスロマンの中でもスキンケアセラミドが乾燥肌に一番効果があると思います。

保湿効果の高い入浴剤は他にもありますが、コストパフォーマンスが高いのは間違いなくバスロマン(スキンケアセラミド)だと思います。

内容量が680g(約22回分)でこないだ447円で売っていたので、1回約20円の入浴剤と考えるとお得ですね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

▼楽天で調べたい方はこちら▼

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です